投稿

注目の投稿

↓このブログを気に入ったら、応援の1クリックをお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

再びボトルの大掃除(2):ジェックス・ベストバイオとサンゴ砂を追加。

23日に再び行った大掃除の顛末の続きである。

【関連記事】
再びボトルの大掃除(1):底砂に溜まった1年半(?)の汚れが・・・

先日、水質調整剤として使用しているジェックスのベストバイオが、巻貝たちの大切な食料である、岩やガラスについた藻やデトリタスを取り除いてしまっているのではないかという記事を書いた。特にこれによって影響を受けやすいのが、あまり固形物を食べないヤンチャのようなイシダタミガイだ。

【関連記事】
ジェックス・サイクル&ベストバイオは、巻貝に使う際には注意が必要かも。(あくまで個人的感想)

だが、ヤンチャは今はもう、マツたちの#2のボトルを出て、#3で一人暮らしをしている。だから、底砂の奥のほうの汚れまで丁寧に取り除いた後は、今回は安心してジェックスのベストバイオとサイクルを、少し多めに底砂に直接ふりかけることができた。

その後、止水の状態でも、少しでもろ過機能を高めるため、新しいサンゴ砂(私は「細目」と呼んでいるが、製品としては10番の「中目」)を1.5倍弱くらいまでかさ増しした。もともと、成り行き上、何故かマツたちのいる#2だけが底砂の量が少なめなままになってしまっていたので、ちょうどいい機会と思って入れてみた。岩組みが変わることを心配したが、特に影響ナシ。

そして・・・今回の大掃除で最も大きな改変が、粗目のサンゴ砂を入れていた場所に、代わりに小さめの岩を入れたことである。これは夏からの課題で、ずっと先延ばしにしてきていたから、ようやくクリアできてホッとした。

これにはまたいろいろと背景があるので、続きはまた次回。


再びボトルの大掃除(1):底砂に溜まった1年半(?)の汚れが・・・

昨日(23日)は、再びマツたちのボトル(#2)の大掃除を行った。何だかまた少々臭うようになってきて、いずれもう一度岩をどけての掃除は必要だと分かっていたから、決行。

前回の大掃除については、以下の記事に書いた。

【関連記事】
水が汚れて仕方がなかった原因が判明。
3日連続で掃除&換水して、ようやくニオイが消えた。(1)
3日連続で掃除&換水して、ようやくニオイが消えた。(2)

今回は1時間半かけて、結果的には前回よりもさらに丁寧に行う感じになった。全ての岩をどけ、全ての海水をジャンボスポイトで吸い出し、もう水がほとんど残っていない状態でも、さらに底砂にスポイトを突っ込んで、真っ黒な汚れだけをひたすら何度も吸い出す。

この前も随分頑張って掃除をしたつもりだったが、底砂をひっくり返してまではやらなかった。底砂をスポイトの先で引っかき回すと、ワサワサと砂の間に隠れていた汚れが出てくるので、すかさずそれをスポイトでキャッチ!

うっわ~、これはかなり、きったない・・・
ほとんどの汚れはマツたちの糞というよりも、マツたちの食べ残した海藻のかけらだった。

実は、ボトルで飼育し始めた初期の頃は、換水の度に底砂も軽くすすいでいた。だが、ある時期から水質の安定のためにと、思い切ってそれをやめた。あれからもう1年半くらいになるだろうか。たしかに毎回底砂を洗っていた頃よりは水質が安定し、マツたちの体調もよくなったのだが、逆の見方をすれば、1年半もの間、汚れを溜め込んだとも言えるわけだ。汚いのは、ある意味当たり前。

私の現状のやり方だとボトル内が止水のため、どうしても化学的なろ過、分解が行われづらくなる。その結果、糞や食べ残しがただの「ゴミ」「毒素」となって残りやすくなってしまうのだ。こうした事態はある程度覚悟はしていたので、今後はもう少し定期的に大掃除をするよう心がけようと思った。実際にどこまできちんとできるかは分からないが、せめて半年に一度か1年に一度くらいは・・・と。

長くなるので、今日はここまで。大掃除の顛末の続きは、また次回。

↓私が使っているダイソーのジャンボスポイトは、こんな感じの石油ファンヒーターの掃除用のもの。



↓もちろん、アクアリウム用に作られたジャンボスポイトも存在する。



↓換水時に欠かせないのが、ジップロックの食品コンテナー(大)。
モデルが変わってしまったが、容量的にはこ…

ぎんばさ vs アカモク(3)

マツにぎんばさを食べさせたら、アカモクを食べてくれなくなったという話を前回までで書いた。

【関連記事】
ぎんばさ vs アカモク(1)
ぎんばさ vs アカモク(2)

ただ、これはマツが単に「ワガママ」なのではなくて、たしかにマツの主張にも正当性があるのだ。

というのも、マツたちの育った奥能登の塩田近くの海には、アカモクはないからである。全く存在しないのかどうかは知らないが、能登では「アカモク」と言えば宇出津産、と決まっているようなものだ。

そして、能登の輪島から珠洲にかけて連なった「外浦」の海岸線にある塩田近くの方々が、アカモクを自分で採って食べているという話は、少なくとも私は今まで聞いたことがない。

実際、いつだったか塩田の親方からマツが何を食べているかを聞かれた時、アカモクだと答えたら、「おかしいなあ、この辺にはアカモクはないんだけどなあ」と言われたこともある。

一方、ぎんばさであれば、最近は環境の変化であまり採れなくはなったものの、塩田近くの飲食店では汁物や酢の物として出される、ごくごく一般的な海藻である。

つまり・・・マツはちゃんと知っているのだ。自分を育ててくれた海藻は、アカモクではなくてぎんばさなのだということを。

マツにとっては、ぎんばさこそが「ふるさとの味」なのであり、昨年まで好んで食べていたアカモクは、あくまで他所で暮らすための「代用品」でしかなかったのだ。

マツ、お前もグルメよのぅ~・・・(ため息)
と、思わずどこの時代劇かと思うようなセリフが出てしまう。

・・・そんなわけで、私もマツに対して、アカモクを無理強いはできないのである。

だが、ヌシ側の事情としては、冷凍庫いっぱいにアカモクが詰まっている限り、人間用の食料を入れるスペースはいっこうに増えないから困ってしまう。

また、ぎんばさの蓄えのほうはたくさんあるわけではないから、いくらマツのリクエストがあっても、そればかりを与えることもできない。

したがって、しばらくの間、どうしてもマツには我慢してアカモクを食べてもらう機会のほうが多くなるだろう。

マツの機嫌のよさそうな時(?)を狙っては、謝りながらアカモクを入れたり、時には、ギンバサと半々にして混ぜてごまかしてみたりと、ヌシも必死である。

↓石川県産のぎんばさ(ぎばさ、とも言う)。最近はあまり採れなくなってきているので、値段も上がり気味の様子。

ぎんばさ vs アカモク(2)

さて、前回に引き続き、マツのエサの嗜好についてである。前回はぎんばさの話しか書かなかったので、タイトルに何故「アカモク」とあるのか疑問に思われた方もあったかもしれない。

【関連記事】
ぎんばさ vs アカモク(1)

実は、昨年の今頃のマツの「マイブーム」は、過去記事にもある通り、宇出津産のアカモクであった。

【関連記事】
アカモク、モクモク。

だから、今年の2月の終わりから3月初めにかけての能登旅行(マツたちももちろん一緒だった)の際には、あちこちのスーパーを回ってアカモクの「メガ盛り」を買いあさって、そのせいで今も我が家の冷凍庫はアカモクだらけである。その結果、私自身の食べ物を保管する場所は・・・ほとんどない。

ところが、この秋、マツにぎんばさを食べさせた結果、アカモクをあまり食べてくれなくなってしまった。ぎんばさとアカモクは「ホンダワラ科」に属する親戚同士で、結構見かけも似ているし、エサとしては同じものとして扱ってもいいはずなのだが、今はアカモクをマツの目の前に置いてやると、

え~、これ、違う~。
ぎんばさが食べたいのに~。

という顔(どんな顔かはご想像におまかせ)をして、私のほうを黙って見上げる状態である。数日してもいっこうに新しいエサを入れてもらえないので、仕方なくマツは根負けしてアカモクを食べているが、その顔はいかにも面白くなさそうだ。見ているこちらも、何だか申し訳ない気持ちになってくる。

まあ、たしかにマツの言うことにも一理はあるのだ。それについてはまた次回。

【関連記事】
ぎんばさ vs アカモク(3)

↓石川県産のぎんばさ(ぎばさ、とも言う)。最近はあまり採れなくなってきているので、値段も上がり気味の様子。

ぎんばさ vs アカモク(1)

マツは体が大きいせいか、他のタマキビたちよりも人一倍(貝一倍)食いしん坊である。おまけに結構「贅沢」を言う・・・(それがまたカワイイのだが)

毎日同じ海藻ばかり入れていると、これ見よがしにエサを放置し、そのうちヌシが点呼のためにフタを開けてもガン無視。しまいには、お尻を向けて遠くに歩いて行ってしまうようになる。(やれやれ・・・)

また、マツにも「マイブーム」があって、その時その時で「ハマる」海藻というのがあり、その場合は、何度それを入れてやってもきれいに食べ尽くす。いまだにこのマツの「気分屋ぶり」には振り回されまくっているヌシである。

最近のマツの目下の「マイブーム」は、今年3月に能登のスーパーで手に入れた輪島産のぎんばさだ。どうやら下茹で処理をしているらしくて、最初は買うのを迷ったのだが(巻貝のエサには生のほうがいいため)、試しにとちょっと買ってきたものを、マツは大変気に入ってしまったようだ。

気に入ってくれたのはよかったのだが、このことでちょっと困ったことになってしまった。その続きはまた次回。

【関連記事】
ぎんばさ vs アカモク(2)
ぎんばさ vs アカモク(3)

↓石川県産のぎんばさ(ぎばさ、とも言う)。最近はあまり採れなくなってきているので、値段も上がり気味の様子。

ジェックス・サイクル&ベストバイオは、巻貝に使う際には注意が必要かも。(あくまで個人的感想)

水質調整剤として私が普段使っているのは、ジェックスから発売されているサイクルとベストバイオという2種類の液体だ。



このうち、サイクルは初期の頃から使用しており、水槽の安定化にはすっかり欠かせない存在となっている。だが、ベストバイオに関しては、少なくとも巻貝たちの飼育に関しては、慎重な使用が必要だと感じるようになった。

サイクルとベストバイオはセットで使ってこそ威力を発揮する、というのが、本来のメーカーの発売コンセプトである。メーカーに直接電話したところ、だいたい以下のような内容の説明を受けた。
ベストバイオは、糞やエサの残りなどの「汚れ」をアンモニア化してくれる。サイクルは、アンモニアや亜硝酸などの有害物質を分解してくれる。もちろん、ベストバイオを使わなくても、水の中のバクテリアが糞やエサの残りなどの「汚れ」をアンモニア化してはくれるが、時間がかかる。したがって、ベストバイオとサイクルを併用することで、糞やエサの残りなどの「汚れ」をアンモニア化し、それを分解するプロセスが、スムーズに進むようになる。だが、巻貝たち(特にヤンチャ、つまり、イシダタミガイ)は、岩についた藻やデトリタスなどを食べる。これらは、一般的にはアクアリウムをやる人たちにとっては「汚れ」「邪魔なもの」という認識で捉えられている。下手をすると、ベストバイオによって巻貝たちの大切な食糧まで分解されてしまうことはないのだろうか?
メーカーにはこの点も尋ねてみたが、「そこまでの威力はないと思う」という、いささか曖昧な回答だった。そもそも、巻貝そのものをメインに飼育するなんてことはメーカーも想定外だろうし、私が目指しているものも、美しい水槽を作るようないわゆる「アクアリウム」とは一線を画すのだから、まあ、仕方があるまい・・・
あれから1年以上になるが、いろいろ試してみて分かってきたのは、あくまで私自身の「個人的感想」に過ぎないのだが、
ベストバイオは、イシダタミガイのエサ(藻やデトリタス)までも分解してしまう!!
ということだ。
先日も、ヤンチャが痩せたので慌てて別のボトルに移動させたが、実はその数日前から頻繁にベストバイオを使っていた。ベストバイオはできるだけ使わないようにしているが、あの時は水質の悪化がひどかったので、やむを得ず使用したのである。だから、ヤンチャが他のボトルに移動するようになることも、ある程度想定範…

ヤンチャは今日も、元気、元気。

ヤンチャを違うボトル(#3)に移動させて2日目だが、元気な様子でホッとしている。

ガラスや岩に藻が再生しているのか不安だったが、いつもヤンチャが水底のほうまで潜って岩に張り付いているところを見ると、ちゃんと藻のあるところを見つけてかじっているようだ。実際、移動しながらポロポロと糞も落としているから(巻貝は、食べながらリアルタイムで糞をする)、一応食糧の確保はできていると見てよい。そして、水底のほうまで潜るということは水質がよい証拠だから、ph値の測定はまだできていないものの、取りあえずは安心してよいはずだ。

また、以前の記事にも書いたが、ヤンチャにはどうやらイシダタミガイとしての「アイデンティティ」があるため、マツたちタマキビに囲まれた生活だと遠慮しがちになって、落ち着かない様子になる。

【関連記事】
イシダタミガイ・ヤンチャの「アイデンティティ」

久しぶりの「一人暮らし」に、かなりヤンチャはリラックスしてもいるようだ。それは歩いている様子で分かる。マツたちと一緒の時は、あまり動き回ることをしなくなるのだが、本来、イシダタミはボトル内をかなり素早いスピードで動き回るのが身上だ。一人になった今は、自分だけのボトルを、まさに「我が物顔」で元気に走り回っている。

イシダタミの健康状態は、細くて長めのツノの張り具合が一つの指標になると経験上感じており、日頃から注意して観察する点の一つだ。エサが足りなくなったり、水質が悪化したりすると、イシダタミの細いツノが一層細くなり、真っ直ぐに伸びずに丸まったり、しなったような感じになったりする。だが、今のヤンチャはツノを長くピンと張って、左右に元気よく振りながら、すごいスピードでガラスや岩の上を移動しているから、かなりよい状態と言えそうだ。

【関連記事】
ヤンチャが痩せてきた!!→大至急、別のボトルに移動。(別名:「アルバイト」)
ボトル移動後のヤンチャの様子


↓日頃の水質管理に使っている道具たち。

ボトル移動後のヤンチャの様子

昨晩、随分心配した、ボトル移動後のヤンチャの様子をご報告。なおやはり私は、事実上「夜も眠れなかった」。

【関連記事】
ヤンチャが痩せてきた!!→大至急、別のボトルに移動。(別名:「アルバイト」)

今日の昼、ボトルを確認してみると、さすが、赤ちゃんだった時代から、ここまで人工飼育下で生き延びてきた逞しいヤンチャだけある。ヌシの心配をよそに、悠々と「一人暮らし」を楽しんでいる模様・・・

食事のことが心配だったが、再度先程夕方になって確認したところ、たまたま新しい酸素石(白い1センチちょっとの円柱型)のそばにいたヤンチャが、その酸素石の上に結構な量のこげ茶色の糞をしていることが分かり、これなら大丈夫と一安心した。

昨晩計測した限りでは、塩分濃度は若干濃いめ(比重計で1.027)なのだが、潮溜まりの生きものだから、自然界でもそのくらいの濃度になることは普通にあると聞いているし、あまり心配はしていない。

昨晩同時にph値を測ろうとしたら、能登旅行に持ち出した後、薬液を失くしてしまったことに気付いた。家中探したが、見つからない。ph値のほうが巻貝たちにとっては塩分濃度より大事なはずなので、このままヤンチャを移動させてもいいものかと随分悩んだのだが、今のヤンチャの様子を見る限りは問題なさそうだ。

とは言え、早めに酸度を測る薬液を再度入手する予定ではある。まだ半分以上残っていたはずなので、買い直すのは少々もったいないのだが、これもかわいいヤンチャのためと思えば仕方あるまい。

↓土壌用ではあるが、水の計測にも使える「アースチェック液」。入手しやすく値段も安い。
厳密なph値管理を必要としない巻貝の飼育には、これで十分だと感じている。

ヤンチャが痩せてきた!!→大至急、別のボトルに移動。(別名:「アルバイト」)

イシダタミガイの中で唯一生き残ったヤンチャは、11月の能登旅行前にマツたちと一緒のボトルに合流していたが、別のボトルに移動させることにした。先程まで1時間以上かけて作業をしていた。寝る時間がすっかり遅くなってしまったが、かわいいヤンチャのためなので、仕方ない。

イシダタミガイは、基本的には私の与えたエサを直接食べることはない。口が小さいせいなのか、固形物を食べるのがキツイようだ。その証拠に、マツたちが食べ残したワカメなどが、ちょっと朽ちてきてドロッとしてくると、ようやくヤンチャはそれを口にする。つまり、ワカメなども味としては嫌いではないが、柔らかくならないと食べられない、そういうことなのだろう。

能登旅行で海岸の岩についた新鮮な藻をたくさん食べたヤンチャは、旅行から帰ってからは今までになくお腹がしっかりとしていた。だが、ヤンチャが普通のエサを食べないことを私は知っているので、このままだと痩せてくるだろうといつも心配だったのだ。

先程換水のためにボトルを覗いたら、ヤンチャがガラスにつかまっていた。お腹を見ると、明らかに筋のようなものが際立った感じになってきているではないか!! これは今までの経験から痩せてきていると判断できるため、予定にはなかったが、すぐに別のボトルに移すことを決めた。

別のボトルに移すとどういうメリットがあるかと言うと、ヤンチャは普段、私の与えたエサを食べる代わりに、ボトルのガラスに付着した目に見えない藻を食べているから、それが持続的に供給されるという点である。貝たちを入れずにしばらくボトルを放置しておくと、ガラスに藻がまた再生して付着してくるため、定期的にヤンチャに各ボトルを巡回させることにより、食べ物もある程度維持ができるというわけなのだ。

ボトルは全部で3つある。観察記録を見ると、マツたちがいるボトルは#2だが、旅行前までヤンチャが入っていたボトルは#1だった。さらにその前、10月下旬頃までヤンチャが入っていたのは#3だった。というわけで、ローテーションから行くと#3に入れるのがよさそうだと判断した。

ヤンチャは新しい環境に入ると最初はなかなか警戒心が強く、しばらくフリーズ状態になる。今回、移動させるにあたっては、私が岩組みを写真に撮らずに動かしてしまったために元に戻せなくなって、余計ヤンチャには見慣れない風景のボトルが出来上がってしまった。…

3日連続で掃除&換水して、ようやくニオイが消えた。(2)

さて、3日連続掃除&換水の3日目の記録。

【関連記事】
水が汚れて仕方がなかった原因が判明。
3日連続で掃除&換水して、ようやくニオイが消えた。(1)

まだ水の嫌なニオイは若干していたが、前の2日間とは明らかに水の様子が違っていた。キラキラと輝いて、透明感があるのだ。これは水質改善の何よりの指標である。なお、能登旅行中は、終始この輝きを保っていた。

ジャンボスポイトを底砂に突っ込み、3分の1だけ吸い取って、代わりに能登で汲んできた海水(といっても8月のものだが・・・)を入れてやるという、普段からよくやる方法で換水。その後、ジェックスのサイクルを数滴垂らすと、瞬時にニオイは消えた。

吸い取られてきた汚れた水も、前の2日間とは明らかに異なっていた。前の2日間はドロドロと濁った感じだったが、今回のものはサラサラとしていて、混じっているものもまだ出たばかりの糞が中心。

これでようやく元通りになったと安堵した。



↓このブログを気に入ったら、応援の1クリックをお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

ご感想・お問合せ・原稿のご依頼など(作者にメール)

名前

メール *

メッセージ *