投稿

今度は真夏日・・・リーダー(長老)とのお別れか?

昨日にも増して今日の東京は暑かった。都心では今年初の真夏日とのこと。ここからそう遠くない群馬県の館林市では35度を超える猛暑日だったという。だから、どちらかと言えば私の住まいの近辺は、猛暑日に近い状態だったと推測できる。こんなこともあろうかと、エアコンを朝7時過ぎからタイマーでオンにしておいたのは、かろうじての救いだった。だが、どんなに頑張っても、水温は24度まで下げるのが精一杯だった。

暑さのせいか昨日から元気がなかったリーダー(長老)だが、もしかしたらもう駄目かもしれない。毎晩、夜になって少しだけ涼しくなったとき、エサや健康チェックのためににボトルのフタを開けて「点呼」を取る。先ほどもそうしたのだが、昨晩休ませるために置いてやった場所からリーダーは動いていなかった。もしや・・・と思い、ボトルから出してみると、顔を除いたお腹をほとんど全部出したまま反応がない。指で触ってみると、生きていればすぐに身を引っ込めるのだがそれもなく、死後硬直と思われるような若干の硬さが感じられた。もう一晩様子は見てみるが、なにぶん高齢と思われるリーダーのことだから、覚悟しなければいけない。リーダーに関してはそう長くは生きられないだろうと予測はしていたが、いざその時がやってくると受け入れられない。

リーダーとはけっこうコミュニケーションが取れていた。平和主義で無口で自己主張をせず、おまけに神経質で臆病ときているスガイとはなかなか「語り合う」ことができなかった。だが、その中でもリーダーはここ数ヶ月で私に心を開いて(?)くれていた。特にゴエモンが死んだ時は、体の弱いゴエモンのことをリーダーは普段から気遣っていただけあってショックだったのか、ボトルの縁まで上がってきて私の目をじっと見て何かを訴えようとしている姿を見せていた。あの時のリーダーの集中力は今でも忘れられない。少なく見積もっても20分か30分、「言葉」を交わしたのを覚えている。もちろん、本当の人間の言葉なんかではない。ただ、目と目で語り合うというか、そんな時間があった。ひとしきり「話」が済むと、リーダーはまたボトルの奥のほうに戻っていったから、その後ろ姿を見て、やはり何かが通じ合っていることを私は確信したのだった。

巻貝が身を出したまま死ぬというのは、大変珍しい。餓死だったり、病気だったりという場合は、たいてい最後はフタをほとんど閉じ…

夏日の東京

今日(20日)の東京は夏日で、8月半ばくらいの気温とニュースで報じていた。都心部で28度だったかで、東京の外れでは30度超え。私のアパートはもちろん東京の外れも外れの県境。エアコンがあったので気温は測っていないが、30度は超えていただろう。窓枠エアコンを20度設定で一日中回しながら、扇風機で気化熱現象を使って、マツたちのボトルの入ったアクリル水槽の水を冷やしたが、22~23度まで下げるのが精一杯だった。室温は25~26度までしか下げられなかった。真夏になったら、毎日こんな日が続くのかと思うと憂鬱だ。水槽用クーラーを早く買ってやらないといけない。

マツたちタマキビグループは水が嫌いで地上にいるから、一日中、暑さを防ぐためにフタをして殻に閉じこもっていた。大丈夫かと心配したが、夜になって涼しくなると大きな伸びをしながらフタを開けて顔を出し、すました顔で入れてやったヒジキをパクついていたから、ヤツらはなかなかの大物である。マツがフタを開けたら、閉じこもっていた間にしたと思われる大きな糞がゴロゴロと出てきた。惚れ惚れするほどいい糞であったので、思わず写真に撮った。何を食べていたのか、ヒジキでもないようだし、どうやら色からすると昨日か一昨日に入れてやった、輪島産の生ワカメ(冷凍保存)ではないかと思う。

スガイグループは、暑さにけっこう参っていた模様である。特に高齢と思われるリーダー(長老)は、バテた顔(=目)をしていた。スガイは無口(もちろん他の種類の貝たちも「言葉をしゃべらない」という意味では「無口」かもしれないが、言葉がないだけで実際には「多弁」「雄弁」であると私は感じる)だが、とても繊細で神経質なところがあり、温度の変化や水槽内の臭いなどで簡単にバテてしまう。だから、飼い主としてはハラハラさせられる。本当はもう少し水の中に潜れるような岩組みが必要なのだが、不器用すぎて今のところなかなかいい岩組みができない。岩組みは崩れると危ないので、どうしてもガッチリ組む。その結果、すき間がなくなってしまう。スガイは体が大きいため、小さなすき間だと水の中に入っていかれない。

イシダタミグループ(普段は「シタダミグループ」と呼んでいる)が一番元気だった。天気がいいせいか岩に藻がたくさん生えているらしく、忙しそうに動き回ってはモグモグと食事をしていた。イシダタミの健康状態は、動きの滑らか…

マツの大好物(その2)

マツの大好物として以前、中国産の干しわかめを紹介したが、実はそれ以上の大・大・大好物がある。それは韓国産の乾燥ひじきだ。奥能登にいたとき、食品も扱うドラッグストアで小さなパックに入って100円くらいで売られていたものである。ヤマナカフーズの「姫ひじき」という製品だ。当時はまさか貝を飼うことになるとも思わず、もちろん自分が食べるつもりで買ったのだが、何となく水で戻すのが面倒くさくて調理しないでいた。マツに何を食べさせたらよいかとあれこれ試しているときに思い出したのが、このとき買っておいた「姫ひじき」の存在である。

ものは試しと海水でふやかしてからマツに食べさせてみると、それはそれはよく食べるので驚いた。乾燥ひじきを巻貝のエサに使えるというのは、今のところ私の知る限りでは、貝類の飼育法を書いた書籍には載っていない情報であるから、実は大発見なのでは!?と密かにほくそ笑んでいる。奥能登の海にももちろんヒジキはあるのだろうが、他の海藻類が豊富なのであまりメジャーな食材とは言えない。マツもおそらく奥能登の海では、ヒジキをメインディッシュにしていたわけではないはずだ。だから、なぜそんなにマツがヒジキを好むのかは謎である。

今飼っている貝たちの中でヒジキを目に見えてよく食べるのは、マツたちタマキビだけだ。そしてマツはその中でもダントツでこの「姫ひじき」がお気に入りである。スガイやイシダタミたちは、ヒジキにはほとんど手を付けない。たまたま私が持っていたのは「姫ひじき」なのだが、その名の通り細く短いものばかりだ。しかしどうもマツは本当は太めのひじきのほうが好きなようなので、できるだけ太めの部分を選んで入れてやっている。今度機会があったら、値段は張るだろうが、もう少し太めのひじき(いわゆる「ごんぶとひじき」)を食べさせてやろうかと思う。先日能登で手に入れてきた生の海藻類も食べてはくれるものの、どういうわけかそれでもやっぱりマツはこの韓国産の「姫ひじき」が一番好きらしいから参ってしまう。

数日前、ここのところ能登の生の海藻ばかりを食べさせていたので1ヶ月ぶりに「姫ひじき」を入れてやったところ、マツの喜びようと言ったらなかった。いつもは2~3本も入れれば十分なのだが、何本入れてやってもすぐに食べ尽くしてしまうのだ。あまりにすぐに入れたヒジキが「消える」ので、マツがその大きな貝殻に引っ掛けて…

エアコンの移動作業と、その間の水槽の温度管理

私がプライベートで文章が書けなくなるときは、心の余裕を無くし始めているときだ。そしてそれが結果的というか「共時性」的というか、水槽の安定を欠くことにもつながりかねない。ここ数日多忙のためにブログの更新もできなくなっていた。こうした余裕の無さが、マツたちに影響しはしないかとビクビクしている。

昨日、今日とまた東京は暑くなってしまった。昨日は、水槽用のクーラーを設置してマツたちのボトルを入れることになるアクリル容器が置かれた隣室に窓枠エアコンを移動すべく、人に手伝ってもらって大変だった。既に手伝ってもらうのは2回目なのだが、それでもまだ終わらず、明日、もう一度来てもらう約束をしている。

作業中、アクリル容器の中に入ったたくさんの藻のついた岩は重すぎるので全てたらいに移し、風呂場へ持って行った。残ったアクリル容器は水量も少ないので海水を入れたまま、同じく風呂場へ持って行った。

いつもなら、このアクリル容器の中の水をポンプで回し、そこに扇風機を当てることで気化熱現象にて水温を維持しているが、それができない状態となったため、作業中、マツたちのボトルについては私の寝室の窓枠エアコンの真ん前に置いて、ボトルごと冷やすという強硬手段を取らざるを得なかった。

その後、作業が一段落してアクリル容器を隣室に戻し、数時間扇風機を回してやっと水温が下がったところで、ようやくマツたちのボトルをその中に収め、いつもの状態を作り出すことができた。

取りあえず今のところマツたちは元気ではあるし、水温自体は一日中ほぼ20度で安定させられたことにはなる。しかし、彼らは水上にいる時間も長いから、気温の変化は大きかったのではないかと案じている。

直接ボトルにエアコンを当てるような状態だったので、そのときはボトル内の空気自体も20度近くまで下がっていただろう。だが、いつもの隣室に移した後は、気化熱現象で水温は20度に保てていても、周囲の空気は25~28度くらいだったはずである。

この温度差が彼らの体調を崩すことにつながらなければいいのだがと、少々不安である。明日ももう一度アクリル水槽をどけて作業をしなければならない。マツたちがそれに耐えてくれるようにと、祈る気持ちである。

↓私が使っている窓枠エアコンはコレ。

平和。

ここのところ、水槽の状態は比較的安定している。体調を崩している貝もいないし、毎晩エサをやりながら彼らとのコミュニケーションを楽しむ余裕もできた。こういう状態がいつまでも続けばいいのだが、一度安定が崩れると次から次へと具合の悪くなる貝が出てくるからやりきれない。毎朝、「今日も一日平和に暮らせますように」と祈るような気持ちでボトルのフタを開けて、彼らに「おはよう」とあいさつする。

先日ネットショップのゴタゴタが原因でシロちゃんを失ったことは、今でもまだショックである。シロちゃんは病気などで弱っていたわけではない。完全に私の監督責任だと思っている。もう少し早くに落下に気づいてやれれば、十分に助かった命だったのに。最後のアラレタマキビとなってしまった「抹茶ちゃん」が1匹だけ残っていて元気に暮らしてくれているが、抹茶ちゃんを見るたびにシロちゃんのことを思い出す。抹茶ちゃんも、一人ぼっちになって寂しいのではないかなと想像している。

今日の各ボトル内の状況を記録しておくと、#1にスガイ3匹、#2にタマキビ5匹、アラレタマキビ1匹、居候のイシダタミ2匹、#3にイシダタミ2匹である。

↓このブログを気に入ったらクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

【人間・いのち】ランキング

相互Pingサイト一覧 by PINGOO!

知らない言葉をWikipediaで調べてみよう♪

検索結果

お問合せ・原稿のご依頼など(作者にメール)

名前

メール *

メッセージ *

フォロワー

関連&お気に入りブログリスト