投稿

マツは太平洋が苦手。

マツを飼い始めた頃、どんなエサをやったらいいのかも分からずに、取りあえず人間用の黒海苔を入れてやり、手をつけずに死んでいった巻貝たちも多い中で、マツだけはそれを食べて生き残った。だから、マツは基本的にはあまり好き嫌いがないというか、生きるためなら何でも食べてみようというたくましさがある。ところが、先日10月に私が和歌山に旅行に行った際、留守番しているマツたちへ「お土産」として買ってきた潮岬名産の姫ひじきだけは、どうしてもマツだけは受けつけないようだ。他の巻貝たちはものすごい好物というわけではなくても、この姫ひじきを結構よく食べてくれている。それなのに・・・である。

潮岬の干し姫ひじきは、それだけを専門に扱う組合があるほどの名産品。高級品として全国的に知られているものだそうだ。作る過程も伝統的な手法を使っており、聞いた話でうろ覚えではあるが、二度湯がいて干したものを保存用の土嚢のような袋に入れておく。必要に応じて水で戻して食べるのだが、他所のひじきと違って自慢できるところは戻したものがグジュグジュにならず、時間がたってもしっかりしている、という点らしい。実は9月にも潮岬まで出かけていたため、干し姫ひじきの存在は知っていたのだが、二度も湯がいているというのが巻貝たちに嫌われる原因にならないかと思って、その時は買わなかった。しかし、マツたちが食べなくても私が食べればよい話だし、本当に立派なひじきだったのでどうしても欲しくて、それもあって遠路はるばる再度10月に出かけ直した。

地元の漁協スーパーを覗くと、生っぽいひじきがビニール袋に詰められて、生鮮食品コーナーの冷蔵陳列棚の中に並べてあった。1袋150円。海藻は冷凍保存が利くことを春に能登で買い溜めたワカメ等で知っていたし、生っぽいほうがおいしそうに見えた。実際にはこれは、乾燥ひじきとして保管されていたものを水で戻してすぐに使えるようにしただけだそうだが、「貝殻や砂が入っていることがありますので、ご注意下さい」との注意書き通り、かなり天然に近い状態だったので魅力的だった。毎日定期的に入るものではないと聞き、スーパーの方にお願いして、帰る日まで冷凍保存しておいて頂いた。

そして、前回買いそびれた干し姫ひじきも手に入れた。本来は潮岬のすぐ近くの大島の観光地に出ている屋台のおばちゃんからお手製のものを買おうと思っていたのだが、ち…

鵜匠と鵜との「語らい」

マツたちを飼い始めた時、私は奥能登を出て、1年弱の間、岐阜県に仮住まいをしていた。ちょうどその頃と前後して、岐阜県の名物である「鵜飼い」がラストシーズンであった。せっかく岐阜県にいるのに鵜飼いも見ないで出てしまう(翌年にはいないことが決まりつつあったので)のは残念だったから、何とか予約を取り、既に少し肌寒い中ではあったが船に乗せてもらうことができた。

船に乗ると、鵜匠の方が鵜飼いの歴史や飼育方法などについて説明して下さった。また、動画サイトを検索すると、鵜匠と鵜たちの普段の生活のドキュメンタリーなども見つかって、事前・事後にさらに知識を深めた。そこで学んだ中で最も印象的だったのは、「鵜匠は鵜たちと生活を共にし『語らう』」ということであった。これを文字通り鵜匠たちは「語らい」と呼ぶ。

私とマツたちとの共同生活も、この「語らい」に非常に近いと感じる。自然科学的な見方をすれば、鳥や巻貝と「語らう」なんてのは妄想以外の何物でもないのかもしれないが、長い鵜飼いの歴史の中で鵜匠たちがごく普通に「語らい」ということを大切にしてきたというのは、非常に重要であると考える。鵜匠と鵜は日々の生活の中でコミュニケーションを取り、信頼関係を深め、その結果、鵜も鵜匠のために一生懸命に漁をするようになる。人間とそれ以外の生きものとのコミュニケーションが可能であることを、昔の人はよく知っていたのではないだろうか?

もちろん、私とマツたちとの「語らい」なんて、鵜匠たちから見たら低レベルなものに過ぎないかもしれないけれど・・・

「おしくらまんじゅう」

今夜の東京はかなり冷え込んでいる。
夜更かしをしていて、うっかりマツたちのボトルの入った大きな水槽に銀シートをかぶせていないことに気づいた。

この頃は温度差をできるだけなくすため、夏の頃から取り付けている水槽周りの銀シートに加え、夜間は窓のところに二重にした銀シートをカーテンの上からぶら下げ、さらにダメ押しのように水槽の上から銀シートを1枚かぶせているのだ。

銀シートをかぶせ忘れたので、寒いのではないかと心配になってボトルの中を覗きにいってみると、マツたちは寒い時期に恒例(?)の「おしくらまんじゅう」をやっていた。巻貝たちに人間のような「体温」はないと思うのだが、寒いとみんなで固まって寒さをしのぐのは人間やよく見る動物たちとあまり変わらない。

それが、外からの風を防ぐための習性なのか、たとえ巻貝であってもみんなで固まっていると少しは温かいと感じるのか、どういう理由でなのかはまだ今ひとつよく分からずにいる。

ボトルのフタを開けた途端、ミドリがこっちを見て、必死で身を乗り出してアピールしていた。ここ数日、マツはちょっと体調を崩したのかおとなしめだったが、ミドリはとても元気で、何かにつけて私にしっかりと自己主張をしてきていた。もちろん今回のアピールは「寒いよ!寒いよ!」であろう。

私ですら、窓際でパソコンをやっていて急な冷え込みにびっくりしたほどだから、当然である。私の部屋にボトルを持ってきて、軽く暖房を効かせたところで休ませようかとも思ったが、今までずっとTEGARU(テガル)の水温管理下に置いているので、急激な変化はないほうがよいと判断し、忘れていた銀シートを上からかけてやった。

温度計の数値を見る限り、今日の水槽内の最高気温は23度台。最低気温は19度台。一方、TEGARUによってコントロールされている水温は20度設定で、最高21度台、最低19度台である。ざっくり考えて、気温の4度差をTEGARUが2度差まで調節してくれていると考えてよいだろう。

マツは去年の今頃にも、ちょっと体調を崩して、随分心配したものだ。マツは大きい図体の割には寒いのが大嫌いである。他の貝たちが元気に動き回っていても、寒い日はマツだけは嫌いなはずの水の中でじっとしていたり、自分の居心地のよいお決まりの場所を見つけて、そこで微動だにしない。

こんな風な巻貝たちの体調不良を、私は勝手に「風邪」と…

「シタダミ」のシンプルな食べ方

貝類に関して「ベジタリアン化」しつつあると述べておいて大変矛盾しているが、マツたち「シタダミ」の大きな魅力の一つである「食べ方」について書いてみよう。だいたいが、「シタダミ」とか「磯の巻貝」などと入れて検索すれば、まずリストアップされるのはこんな飼育ブログではなく、「おいしい食べ方」というのが悲しいかな(?)現実だ。

私にこの食べ方を教えてくれた奥能登の揚げ浜塩田の親方は、私がマツたちを飼い始めたことにびっくりして、「(マツたちを見ていても)俺にはうまそうとしか思えんけどなあ」とまで言われたほどである。そのくらい間違いなくうまいし、能登の年配の方たちは酒のつまみによく食べる。

その親方から教えてもらった一番簡単でおいしい食べ方は、塩水で茹でて、熱いうちに待ち針で身を突付くという実にシンプルな方法である。身が小さいから、針がないと中身を出すことはできない。この点はかなり面倒だが、苦労しても食べたくなるほどうまい。まさに、「やめられないとまらない」のである。

さて、この塩水であるが、まったく今考えれば恥ずかしい話だが、生まれも育ちも東京のど真ん中という私は、親方から「塩水で茹でて食べるんだ」と教えてもらって、最初の頃はいちいち水道水に塩を混ぜて茹でていた。

ある時、「ほんなら海水を汲んでいって、それで茹でればいいんじゃないが?」と指摘され、「あ・・・」と愚かな都会モンの私は気づいたのである。それ以来、シタダミを採取したときには、必ずペットボトルに1L程度海水を汲んで持って帰るようになった。

そのうち、最初から手鍋を持参し、その中に採集したシタダミたちを入れて、海水とともに家に持って帰るなんていう手抜きワザまで身につけてしまった。ただし、ストレスなのか、車に乗せて持って帰る途中で大量のフンをするので、鍋に入れた海水をそのまま煮るのに使うのはお勧めできない。別途ペットボトルに海水を汲むのは、そのためである。

マツもそうやって私に「拉致」されてきた。
マツ、本当にごめん・・・

だが「シタダミ」たちが、その小さな体にもかかわらず、奥能登の生態系に立派に貢献して「里海」を構成し、時には人間の食料となり、果ては人間の心を癒やす家族の一員とまでなってくれているというのは、考えてみるととても偉大なことだと言えないだろうか?

ひょっとして、ビニールハウス効果?

夏の水温管理のために、マツたちのボトルは大きなアクリル水槽の中に入れてある。つまり、水槽が二重になったような、ちょっと特殊な状態だ。何となくTEGARU(テガル)を片付けるタイミングを失ったままなので、今もそのままの状態にしてある。ただし、TEGARUの水温設定は少しずつ下げて、マツたちが寒さに慣れられるように配慮してきた。9月まではだいたい22度で設定していたが、次第に「昼間は22度、夜間は20度」といった具合に、昼夜の温度差を人工的に再現するようにしていた。

だが、ここのところめっきり冷え込むため、下手に高い水温設定をしていると、水槽の中が蒸気で曇って水が滴り落ちるようになってしまった。その水がマツたちのボトルのすき間から入ったりしたら大変と思い、現在、水温設定は20度固定である。22度設定だと曇りが出るが、20度なら大丈夫。いつもこうやってギリギリのラインを手探りで見極めるのが、この1年間のマツたちとの暮らしの全てだったと言っても過言ではない。

それでも水槽は窓際に置いてあるから、夜間はだいぶ冷え込んでいるはずだ。水温は20度維持で高めとは言え、特にマツは寒がりだから空気の冷えの点が心配だった。磯の巻貝たちは魚と違って、始終水に潜っているわけではない。特にマツたちタマキビは、貝のくせに水が基本的に好きではない。だから一層、空気の温度管理も大切なように思う。しかし今日、何でこんな簡単なことに気づかなかったんだろうということに気づいた。

私は蒸発を避けるために、水槽のフタ代わりに食品用のラップを使っている。だいたい1ヶ月くらいは持つ。汚れてきたり、水槽のアクリル面によくくっつかなくなると、新しいものに取り替えてきた。本当は透明なプラスチックを百均で買ってくるつもりだったのだが、適当なものが見つからずにいるうちに、夏が終わってしまったのだ。このラップが思わぬ効果を発揮していたのだ。つまり、ラップがアクリル水槽の中を、簡単なビニールハウス状態にしていた。だから、マツたちのボトルを取り出そうと手を入れると、室温がかなり冷え込んでいてもホワッと温かいのである。・・・ということは、逆に考えると夏は室温よりも蒸し暑かったかもしれないから、恐ろしいのだが。

つまり、今までは、「室温vs水温」という要領で温度管理をしてきたが、本当はアクリル水槽内の空気の温度が分からないといけな…

↓このブログを気に入ったらクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

【人間・いのち】ランキング

相互Pingサイト一覧 by PINGOO!

知らない言葉をWikipediaで調べてみよう♪

検索結果

お問合せ・原稿のご依頼など(作者にメール)

名前

メール *

メッセージ *

フォロワー

関連&お気に入りブログリスト