投稿

ゼンスイ・TEGARU(テガル)用の銀色ホースカバーを自作。

まだ窓枠エアコンとTEGARU(テガル)だけで温度管理を行っていた頃、TEGARUのホースカバーを購入しようと書いた。

ダイソーにあると聞いたので、あの時、早速見に行ってみたのだが、ホースカバーとして使えると話題になっていた、ガスホース用のカバーはもう廃番だと分かった。代わりに店舗で勧められたものは、真冬に水道管を凍らせないための太い発泡スチロールのカバーだった。しかし、これでは柔軟性がないため、TEGARUの細いホースには全く不向きだった。

ホームセンターにも同様の商品しかなかった。ガスホース用のカバーも置いてはあったが、発泡スチロールは入っておらず、あくまで油汚れを避けるためのアルミホイルのカバーという感じだったので、保温には向かないと判断し、購入を見送った。

結局、自作しかないと覚悟した。不器用だから、どうせまた失敗するんだろうなあと憂鬱だった。以下、その記録である。正確な寸法などは記憶に頼っているので、多少違っている可能性が高いことをあらかじめご了承いただきたい。

材料は、百均で買った車用の銀色のサンシェードで破損して使えなくなったものがあったので、それを活用することにした。試しに合わせてみると、ちょうどサンシェードの寸法がTEGARUのホースの長さにほぼ一致していた。

TEGARUのホースの外径(直径)は13ミリであるから、円周率をかけて、だいたい4センチあればホースの周囲の長さに達する。余裕を見て、たしか5センチ幅に切ればよいだろうと判断し、そのように切った。

ところが・・・

実際に手作業でこの銀シートを貼り合わせようとすると、かなりテクニックがいることが分かった。強力な接着剤を使っても、しっかりとくっつくまでには時間がかかる。おまけに、あまりキツキツに作ってしまうと、ホースを通すのにも苦労する。結局、1回目のチャレンジは失敗に終わった。

そこで、2回目は余裕を見すぎではないかというくらいに幅を取ってみた。接着がしやすいように、銀シートを最初から丸めて作るのをあきらめ、その代わりに3つ折りにできるようにしたのだ。3つ折りにして、重なっているところを「のりしろ」にすれば、結果的には筒状に仕上がる。

たしか10センチ幅に切ってみたと思う。そして、だいたい3つ折りにして、「のりしろ」部分を少し短めに調整。両端を洗濯ばさみで留めて固定した。その上で、塩化ビニー…

夏が終わった。

パッとしない変な夏だった。

夏の初めに熱中症で私が死にかけて、大家さんのお情けで壁掛けエアコンがついたものの、フル回転する日もさほどないまま、あっという間にもうすっかり秋。今振り返れば、あの頃が一番暑かったのかもしれない。

2ヶ月近くもブログを放置してしまったのは、熱中症で体調を崩してからこうしてまたブログに向かえるようになるまでに、それだけの時間がかかったからである。本当に自分の身体の弱さには愛想が尽きている。その間、壁掛けエアコンを使いこなすのに手間取ったというのも、理由の一つだ。

あんなに心配した夏のマツたちの水温管理だったが、壁掛けエアコンがついてからはあまり神経質になる必要もなく、結局、TEGARU(テガル)だけで無事乗り切ってしまった。ZC-100αとはご縁がないままとなった。

テガルの温度設定は23度または24度で適宜調整して、全く問題なくその温度で保てていた。おかげで、最後のスガイとお別れしてから、マツたちタマキビ5匹とイシダタミ3匹の合計8匹は、全員大きく体調を崩すことなく、無事この夏を乗り切った。

ペルチェ式を馬鹿にする人たちは多いが、環境さえ整えてやれば、コンパクトだしとても使いやすい。電気代も、窓枠エアコンだけでやっていたときは1万円を超えて焦ったが、壁掛けエアコンになってからは、2部屋同時に冷やしていたのにも関わらず、8000円台まで抑えられた。もちろんこの中には、テガルの電気代も入っているのだから、財布に優しいと思う。

今後の課題としては、いつ、どのタイミングでテガルをしまうか、である。去年の秋にマツを連れてきて以来、この夏まではヒーターなどは一切使っていない。あくまでテガルは、クーラーとして購入した。だから、どこかでしまいたい。今でも暑い日はやはり日中の室温が30度には達するため、なかなかしまえずにいる。見極めが難しい。

↓小さいけど、頼りになるテガル。お世話になりました。m(__)m

危うく死にかけた!

タイトル通り、危うく死にかけた。貝の話ではない。ヌシこと、この私がだ。そんなこともあって、しばらく更新ができなかった。

死にかけたのは、日中、40度近くまで上がるこのアパートの室温のせいだった。窓枠エアコンはマツたちの部屋についており、その冷風を隣室の私の部屋に流す形を取っていたのだが、東京の暑さはたとえ同じ気温だとしても海風の吹きつける奥能登での暮らしとは別モノであり、窓枠エアコンで2部屋を冷やそうなんて全く無理な話だったのだ。

私はマツたちの命を守ることを最優先にした結果、夜中は全く暑さで眠れず、やっと眠れたと思っても、朝起きれば32度を軽く超える室温となっており、毎日のように吐き気と頭痛で意識が朦朧とする、まさに熱中症状態に陥ったのである。

引っ越し貧乏でまとまったお金はなく、壁掛けエアコンなぞとても付けられなかった。もう1つ窓枠エアコンを買うことも考えたが、電気代が非常にかかることが予想されたのと、私のいる部屋は東と南に窓のある最も日当たりのよい場所のため、おそらく効果がないだろうと思われて躊躇していた。

こんな私の惨状を見て、アパートで孤独死でもされてはかなわないと思われたのだろう、最終的には大家さんのご厚意でエアコンを付けていただけることになり、取りあえず生命の危機は脱した。最後には「貝の命と自分の命とどっちを優先するんですか?」と嫌味まで言われる始末だったが、私はめげなかった。

なぜなら、こんな状態でも私には自分の都合で彼らを奥能登の海から岐阜県を経由して東京まで連れてきた責任があると思っているから、「自分の命を優先します」なんてとても言う気になれなかったのだ。マツたちが、一生懸命私の人生に付き合ってくれていると感じている以上、彼らの人生、いや、貝生をないがしろになんてとてもできないと考えた。

エアコンを付けていただけることになるまでにはそれなりに顛末があり、時間がかかったので、結論が出るまでの間、私はもう「灼熱地獄」としか言いようのない暑さをしのぐために、マツたちの部屋に座椅子を持ち込んで食事をしたり、リクライニング状態のまま眠ったりしていた。もちろん、仕事どころではなかったのは、言うまでもない。ブログもしかり、である。

↓私の部屋にやって来たエアコン。

ついにゼンスイ・TEGARU(テガル)、限界か?

ついにTEGARUにも、限界が訪れたのではないかと思われる。




今日の暑さは普通ではない。私の住む東京の外れの気温は午後2時の時点で33度と発表されており、今日はさらにもう少し上がるかもしれないという予想だ。日当たりのよすぎるこのアパートでは、マツたちの水槽のそばにおいた温度計で、朝6時台からすでに室温が32度を超えていた。すぐにエアコンを全開でつけ始めたが、マツたちの隣にある私の部屋の室温は30度超えのままだし、マツたちの部屋はかろうじて30度以下に収まっているという状態。

室温30度以下であればTEGARUは普通に動作することになっている。実際、今までも32度程度だったら23~24度までしっかり下げてくれていた。ところが、今日は数値は同じ32度でも、その暑さの質というか、体感温度が全然違う。その影響を受けてか、思うように水温が下がらず、安定しなくなってきている。この違いは一体何に起因するのだろうか? 湿度もそれほど高いわけではないのだが。

先日、TEGARUの目標水温を23度設定にしていると、内部タンクの水温と実際の水温の間に差が出るようになったと書いた。23度まで下げるのがきついのだろうと判断し、その後24度設定まで上げた。段階的に水温を上げていく分には、現実の奥能登の海の水温だって真夏には30度まで上がることもあるので問題ない、と聞いていたからだ。

心なしか、ちょっと貝たちの動きは鈍った感じはするものの、生命に別状があるというような雰囲気ではなかったので24度設定のまま行こうと決めた。外部の水温計を見る限り、最低水温が23.1度、最高水温が24.6度といった状態で昨日までは安定もしていた。

ところが・・・

今日はその24度設定でも、内部タンクの水温と実際の水温の差が出るようになってしまった。24度台前半の水温でも25度と表示されてしまうのだ。しかも、以前はゆっくりとではあるが、TEGARUがサーモスタットで稼働を始めると次第に水温が下がっていくのが確認できたのに、今日はむしろ数値がときどき上がることすらあるという状態。これはつまり、TEGARUの限界が訪れたと考えるよりほかないだろう。

マツたちの部屋の窓は徹底的に銀シートで覆っている。窓枠エアコンの枠の上部についている蛇腹状の部分からも光が入ってくるので、そこも銀シートで覆った。これによってかなり室温は下がっ…

最後のスガイ、さよなら。

先月29日に遠方に出かける頃から元気のなくなっていた、最後のスガイの死亡を確認した。最後までスガイたちの本当に好きな食べ物や環境を見つけてやれなかったことが、とても悲しく、残念である。

先月30日に帰宅した時点では、元気がないながらも、光を当てるとフタを閉じるなどの反応があり、生きようという気力も見られたのだが、ここ数日はフタを開いて顔とお腹を出したまま微動だにしない状態が続いていた。昨日、水を取り替えたばかりなのにもかかわらず、マツたち他の貝がボトルの上部に上がってきていたので、ひょっとして?という思いがあり、そのスガイだけ整えておいた別ボトルに移して様子を見た。今日になって、かなりの異臭が漂うようになり、その死を認めざるを得なかった。マツたちは、一歩先にその異臭に気づいていたようだ。

巻貝はめったに顔やお腹を出したまま死ぬことはない。フタを閉じてこもりっきりになり、そのまま弱って死んでしまうパターンが多い。そのフタをこじ開けようとしても、ほとんどの場合無理だ。しかし、過去には長老がお腹を出したまま死んだ例がある。長老は本当に自然体で死んでいったから、それを考えると、この最後のスガイもまた寿命だったのかなと思う。長老のときは顔を見ることはできなかったが、このスガイは顔もすべて出したままで息絶えていた。目がいつの間にか濁って目立たなくなっており、目を見れば生死もある程度判別できることを改めて知った。光を当てても、もうフタを閉めることはなかった。人間も生死の判定に瞳孔反射を見るが、それと似たようなものかもしれない。

持ち上げたまま逆さにすると、フタがパタリと閉まってしまう。しかし、また元の位置に戻すと、フタがパカッと開いて顔とお腹が出て来る。本当に生きているそのまんまで死んでいった感じだ。その姿を見ていると、最後までよく頑張ってくれたなと思う。弱り始めてからも一生懸命口をガラスにくっつけて貼り付く努力をしていたのも見ているから、なおさらだ。巻貝は弱ってくると口を前に出すことが難しくなる。口を前に出すことさえできれば、どこかに貼り付くこともできるし、もちろん食べ物も食べられるのだが、それが難しくなるから余計弱るという悪循環に陥り、やがて死んでしまう。

スガイのいなくなった水槽には、マツたちタマキビとイシダタミ、そしてアラレタマキビだけが残された。だが、実はこのアラレタ…

↓このブログを気に入ったらクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

【人間・いのち】ランキング

相互Pingサイト一覧 by PINGOO!

知らない言葉をWikipediaで調べてみよう♪

検索結果

お問合せ・原稿のご依頼など(作者にメール)

名前

メール *

メッセージ *

フォロワー

関連&お気に入りブログリスト